Top > Explorer(探査)

Explorer(探査)
HTML ConvertTime 0.049 sec.

Explorer(探査) Edit

  • 今作のElite評価システム」で重視されるようになった、『探検家』というお仕事。天の川銀河内の未踏領域や未探査星系を調査するため、『Detailed Surface Scanner』と『一ジャンプ距離の長い上位クラスFSD』、『Fuel Scoop』は必須装備であり、遠隔地まで到達して調査しまた戻ってくるだけの技量と判断力が求められる。
  • 誰でもなれるが、誰でも極められる訳ではなく、専業にするにはそれなりの備えと船を運用出来る中級者以上のCMDR向き。
  • 全てのCMDRがリアルタイムでリンクしているゲーム内データベース『Codex』機能の追加で、42のエリアで構成される銀河全体の最新情報を何時でも検索できるようになりました。 ‘Rumoured’、‘Reported’、’Discovered’等のタブから銀河内の探検に関わる最新の情報も検索できます。

資金調達タイプ Edit

いつでも可能

解説 Edit

リスク低い
報酬普通
クリアにかかる時間非常に長い
推奨される船Adder
Anaconda
Asp Explorer
Cobra Mk.III&IV
Diamondback Explorer
Hauler
Krait Phantom
Lakon Type-6 Transporter
推奨されるアップグレード箇所Auto Field-Maintenance Unit(モジュール補修用)
Detailed Surface Scanner(地表探査用)
FSD Upgrades
Fuel Scoop
Power Plant
Heat Sink Launcher
  • 掲示板で探検その物なミッションは出てきません。船に標準装備されていると『Full Spectrum System Scanner(FSS)』の機能を使用して、未探索の天体のデータを集めて、それをステーションに売却することで報酬を得ます。
  • Detailed Surface Scanner』を搭載し、天体にProbeを使用して詳細な天体データを取得すれば、売却時の報酬は一気に高額になる。
    特にHigh Metal Content World, Water World, Rocky Bodiesといった資源惑星は様々な条件が揃うと"Terraformable"の属性を持つことがあり、DSSのボーナス額が1千万Cr程度跳ね上がる。
    Terraformableかどうかの情報は、FSS後に星系マップを開いて星ごとの詳細をタブを見ると、Terraformableの場合は"The body is a candidate for terraforming."と特記されている。
    また、Terraformable以外ではEarth-like WorldやAmmonia Worldなども高いDSSボーナスを持つので、こういった星をFSSで発見した時は多少手間でもDSSまですると馬鹿にならない稼ぎになる。
    ただし、こうしたスキャンデータは、報告前に船体が破壊されると全て失われてしまう点には注意が必要である。無事之名馬の精神である。
  • スキャン報酬はあまり高くないものの、Water GiantやHelium Gas Giant(Helium-rich gas giantですらかなり稀)のような超希少惑星を発見することも探索の楽しみである。
    幸運にも発見できた時は、ぜひ発見の足跡を残しておこう。
  • 長距離の探査飛行を完遂して帰還する為に必要なFuel ScoopAuto Field-Maintenance UnitHeat Sink Launcher等のモジュールを搭載するスペースを有し、ジャンプ距離に優れた船さえあれば手軽に始めることができる。また、エンジニア強化とガーディアン装備の併用でジャンプ距離を大幅に強化することができるので最大限の恩恵を享受することができる。
  • 事故は起きます。リスク管理と挫けない心が最も重要なロールです。
  • ハイパースペースジャンプ直後の恒星への突入事故を避けるために、ジャンプ直後に自動的にスロットルを下げる機能を使うことが推奨されます。
    この機能はSupercruise Assistに搭載されています。システムパネル(右パネル)のSHIPタブ内のFLIGHT ASSISTにある"HYPERSPACE DETHROTTLE"をONにすることで有効になります。
    Supercruise Assistを搭載していない場合、この機能は使えません。

攻略法 Edit

  • 未探査の星系でFull Spectrum System Scanner、もしくはFSSに内蔵されているDiscovery Scannerを使用して、星系内の未探査の天体の位置を特定します。
  • 「UNEXPLORED(未探査)」の天体が見つかったら、FSSモードを起動して天体をスキャンしてデータを収集します。
  • 手に入れたデータは、ステーションサービスの『Universal Cartographics(銀河系地図作成)』にて売却することができます。売却する星系から遠い星系のデータ程売却額が上がっていきます。また、DSSで詳細なデータを収集した天体データの売却額にはボーナスが付きます。
  • バブル内のステーションがある星系でも「UNEXPLORED(未探査)」の天体が存在する。これら天体をスキャンして売り払うだけでも良いお小遣いになります。

Detailed Surface Scanner』でのPOI捜索 Edit

  • Detailed Surface Scanner』で天体をマッピングすると地表に存在する宇宙船の墜落現場の様なログや交易品やマテリアルを取得できる特殊なPOIの位置を特定出来るようになりました。

First DiscoveredやFirst Mappedを狙う Edit

バブルの外に出て深宇宙探査に乗り出すというロマン溢れるお仕事。Explorerの本領といっていい。なかでも First Discoveryは CMDR名が残るため、別種の楽しみと言える。なおボーナスも付く。

  • バブル内で練習を多く行って、まず「船体にダメージを与えない飛行」と「探査の基本」を学ぶとよい。
  • 到達星系のsystem mapで表示されている天体のうち、First discovered表示がないものを『Full Spectrum System Scanner』でスキャンすることで、First Discovered(予約状態)となる。
  • また、『Detailed Surface Scanner』でFirst Mapped表示の無い天体をマッピングすると、First Mapped(予約状態)。
  • 上記予約状態の天体のデータを売却することで、天体にCMDR名が付いたFirst DiscoveredもしくはFirst Mappedとなる。

豆知識 Edit

  • 売却先のステーションから近い(20Ly以内)星系のデータは売却することができない。
  • 探索データを持ったままプレイヤーが死亡すると、死亡前に所持していたデータは復活時には消失する。
  • 旅客ミッションと同時に行うことが可能。観光客を運ぶついでに探索ができる。ただし期日ができるのが、探索としては足枷となる。のんびりしすぎて、焦ることにならないように。
  • 探索データを売却するとREPUTATION(評判)が増加する。溜め込んだデータを一気に売却して評判をブーストしよう。
    • この場合、上がるのは売却ステーションの CONTROLLING FUNCTIONのみ。

コメント Edit

Show recent 10 comments. Go to the comment page. 画像を非表示

  • ブラックホールは近づいても熱くなんないか・・・ -- 2016-12-04 (日) 21:25:50
  • 大型船の良い所は高ランクのFuelScoopが積める所
    あまりに高速でASPeから乗り換えて一番感激したのはそこだった -- 2017-02-06 (月) 22:52:38
    • FSDの消費燃料と燃料タンクの大きさを考えれば、大型船といえどそんなに燃料効率はよくなかったりします。FSDの消費量に対する燃料補給量は、ASPEXはむしろ屈指の速さです。もっとも最大サイズの内部区画をFuelscoopに使えばの話ですが。 -- 2017-07-02 (日) 22:53:46
  • 探索初心者は探索のついでに旅客ミッション受けるといい
    探索の基本は「絶対に船を傷つけてはならない」ことなのでいい練習になる。
    片道6000lyで100%維持できるように慣れば本格的な探索に乗り出していい
    1000ly1時間を目安に現実時間でいつどのくらいに到達するのか計画を立てていこう -- 2017-07-02 (日) 01:25:34
  • 私見ですが、探査の基本や楽しみはバブルでも覚えられるので、スキャナー片手に覚えてほしいですかね。燃料補給・スキャナーといった探査用具の使い方、安全運転の仕方。後は惑星に降りたり、あちこちの星に心躍るならそれで充分です。
    ゆっくり旅でも探査はできるので移動速度を気にする必要はありません(気にするのは観光業です)。海外には半年かけてイーグルで銀河半周した方もいらっしゃるそうです。 -- 2017-07-02 (日) 21:43:31
    • 観光ミッションとの併用は、好みですかね。
      収入は随一ですが、長い航海をしたい、あちこち探し回りたいという方には向きません。
      その一方で、すでに知られていている面白場所にあちこちいけるというのは大きなメリットです。 -- 2017-07-02 (日) 21:51:00
  • 最近やっとコブラmk3を買った程度の新米だけど、太陽系からある程度離れると、
    一切ステーションが存在しない星系が続く。って事?
    誰も来ないような僻地で、一人細々田舎星系の流通を担うRP
    ってのをやりたいなとか考えてたけど無理なんかね。 -- 2017-11-20 (月) 15:30:12
    • 誰が来るんだここって場所にあったりするからまず探す所から -- 2017-11-21 (火) 06:44:50
  • 旅客ミッションとの相性は「悪くはない」程度かな・・・時間に余裕はできているはずなんですが、急いて落っこちるCMDRが何名か・・・。いろんな星をちゃんと探し回れていないことも多いですし。 -- 2017-12-30 (土) 10:40:21
  • 記述、スキャナーのお話が上にも下にもあって冗長すぎます・・ -- 2017-12-30 (土) 11:18:10
    • このままでいい気がしてきた・・・失礼しました。 -- 2017-12-30 (土) 11:41:36
  • ヒートシンクが精製出来るようになったから(事前に素材準備しておく必要はある)
    軽い機体でもジャンプレンジ確保の為ヒートシンク装備して全部放出してから行動して必要な時に作るっていうのも出来るようになったね -- 2018-01-06 (土) 15:16:00
    • 全放出で軽くなるって聞いたことありませんが???検証したとか、情報ソースがあるのでしょうか?? -- 2018-01-07 (日) 01:13:28
    • リムペットのように貨物室に搭載するタイプには重さはあるけど、ヒートシンクやチャフなどの弾薬には重さはないです。 -- Sprite(VS)? 2018-01-08 (月) 03:46:37
  • ナビビーコンを調べると基本的なデータが手に入る。サルベージしてると微量のデータが溜まっていく -- 2018-02-02 (金) 17:39:27
    • その星系データ売れたっけ・・・? -- 2018-02-03 (土) 02:03:43
  • 最低の装備と資金はどれぐらい必要? -- 2020-06-19 (金) 04:54:11
    • Fuel ScoopDetailed Surface Scannerがあれば行えます。
      Frame Shift Driveは高クラス高ランクのものが望ましいです。
      資金のほうは使用する機体によって変わりますが、Fuel Scoopは使用する機体のFSDと同クラスのAランクか、一個上のクラスのBランク以上がおすすめです。
      おすすめ構成ではHaulerであれば機体含めて700,000CRほど、Asp Explorerであれば20,000,000CRほどで整えられると思います。 -- 2020-06-19 (金) 13:04:56
      • 最低限の構成ということで、FuelScoopは載せられる最高クラスのCが費用対効果が高いのでよいです。理想の性能ではありませんが、下のクラスのAランクよりも安価でかつ性能が高いです。一番大きいOptionalをそれに使用できればですが… -- s? 2021-01-26 (火) 22:44:12
Name:

  URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White