Top > Mamba

Mamba
HTML ConvertTime 0.045 sec.

未発表のレーシングプロトタイプをベースとして設計されたMambaは、最速艦の1つとして数えられる艦である。1つの超大型ハードポイントと大型ハードポイント2つを備えており、武装搭載数を活かした攻撃を敵に対して浴びせることが可能である。更に火力と速度に特化した艦である事から、攻撃目標がこちらに気づく前に先制攻撃を仕掛け、撃破する事も容易いだろう。なお、同等性能を持ち合わせている同社 Zorgon Petersonによって製造されたFer-de-Lanceと比較した場合においては、こちらの機体の方がわずかに操縦性が劣ってしまうようだ。

...ゲーム内解説より


//uploader.swiki.jp/attachment/full/attachment_hash/bc64bcf45628da0906e6009cf21e5fe2e38f49f3      //uploader.swiki.jp/attachment/full/attachment_hash/e94e4ddc318b31dd2ffeca19b0f63a5a6a439f71

特徴など Edit

Zorgon Peterson社製の中型戦闘船。3.3 Beyondアップデートにて追加。
中型機の中で数少ないHugeサイズのハードポイントを持つ戦闘艦の一隻で、中型船トップクラスの速度が特徴。スラスターをグレード5までカスタムすれば、実用的なセッティングで巡行速度400~430m/s、ブースト時には500~530m/s前後の速度性能を余裕をもって発揮できる。単純な後進速度だけでも200~250m/sは出るので、AIがコントロールするNPCとタイマン勝負なら、Thargoidが相手でも一方的に追い込まれる事は稀だろう。
加速の瞬発力、最高速度共に高い水準にあるが、Fer-de-Lance と比べて若干操作性は抑えられており、ルーズな操縦をしていると旋回半径が膨らみやすい。直線的な機動力の切れ味と旋回時のマイルドさは、既存の戦闘用の中型船の中でも独特な乗り心地になっている。

船のコンセプト的には、リッチなオールラウンダーのFer-de-Lance、対Thargoid戦も意識した速度と瞬間火力のMAMBAという立ち位置になっている。


スラスターはClass5。対するPower DistributorはClass6なので、電力配分をENGに振ればブーストを連発しても息切れせず、配分が初期状態であろうと戦闘では不自由しない程度にはブーストが吹かせる。βテスト中は問題だったブーストによる温度上昇も、平均的なレベルに収まっている。総じて、速度の面では不自由しないのが当船最大の特徴である。


ハードポイントはHuge1門、Large2門、Small2門が搭載され、Hugeが機体中央、LargeとSmallは両翼、いずれも機体上面に配置される。その為、下方向が完全に死角になっている。
ハードポイントのサイズ的に総合的な火力は、間違いなく中型船の中でもトップクラスになる。GimbalやTurret武器との相性が抜群で、(自動追尾が有効なら)全ての火線が集中する正面への瞬間火力に非常に優れている。
ただ、Class6 Power Distributor では息切れしやすく、本艦の熱耐性もかなり低いため、レーザー兵器や消費電力や発熱量の高い武器が多めのセッティングだと持続的な火力が低くなりがち。最適な武装選択、各パーツのエンジニア改造、Utility MountへのHeat Sink Launcherの搭載、戦術の見直しなどの、火力を出すための工夫が必要になってくるだろう。

しかし、Fixed武器の搭載を考えると、評価は一転する。扁平気味の山型の両翼の外側寄りの位置にハードポイントが分散しているために、左右の射線の間に無視できない間隔が存在しているからだ。
ご存知の通り、E:D宇宙の船には、弾道交差点という概念がない。
間隔の狭いSmall2門でも、標準的な小型サイズの船の船幅や全高とほぼ同じ間隔があるので左右の射線を同時に当てるは難しくなっている。Large2門となると、中型クラスの船が相手でも、ターゲットの投影面積の小さいアングルだとかなり厳しい。大型クラスが相手でも、自船のロール角度を合わせる手間を惜しむと容易くすり抜けていく。
その為、互いに激しく機動しながら撃ち合う実戦では、実質的に片翼毎にLarge1門、Small1門(+Huge1門)か、中央(Small2門か、Huge1門と合わせて3門)という感じでハードポイント間の間隔を基準にした配置で命中率を優先するか、左右均等に割り振りあくまで火力を優先するか、と狭い選択肢で悩むことになる。
ただ、これはソロ基準での話になる。WINGを組んで、他のCMDRとある程度役割を分担できる状況なら、この深刻な欠点も只の個性でしかなくなる。
ダメージディーラーとしてのポテンシャルを存分に発揮出来る環境を整えるのも運用法の一つと頭の隅に留めておこう。


シールド容量は中型機では平均程度となる244MJ。Utility Mountを6個備えるので、Shield Boosterを用いてシールドを硬くすることは容易だが、高グレードのShield Boosterを6個搭載しようと思うと、多少Power Plantの改造が必要になってくるかもしれない。
装甲も中型機では平均的。装甲・シールド容量共にCZで使うには若干脆く、前述のとおりハードポイントにも死角があるので、囲まれないように注意しておこう。


燃料は8Tで、無改造でのジャンプレンジは10Ly前後と非常に貧弱。内部区画も少ないので、戦闘以外での利用は向かない。戦闘しに行くにも燃料が足りないことがあるので、自力で移動する場合はFuel Scoopの導入が望ましい。
やむを得ず長距離移動する場合は、素直に輸送サービスを利用するのも悪くない。


運転席は機体中央に位置し、敵を正面から捉えることが出来る。バブルキャノピーの視界は、前方・上方は広く、ほぼ遮るものはない。せり上がった両翼とコックピットの内装の為に左右が若干狭いが、両翼先端の間から下方にもある程度視界が開けており、戦闘や操船で苦労することはないだろう。
また、HUDが少し小さい。これに対して同社の Fer-de-Lance はHUDが少し大きいので、持っている人は比べてみるとよいだろう。
このHUD周りにも見られるのだが、コックピットを見渡すと計器類のディティールが大変細かいことに気づかれるだろう。この美しい内装や、ヒロイックな外装は、流麗な艦船に定評のあるZorgon Peterson社らしいと言える。


中型戦闘艦としては最大の5500万CRという費用に加え、フルカスタム時の費用は2億CR弱(装甲込み。装甲無しでは1億CRほど)、保険金は1000万CR弱。使っていくには余裕を持った資金が必要である。

仕様書 Edit

メーカーZorgon Peterson
価格55,867,041 CR
最高速度306 m/s (最大:351 m/s)
ブースト時速度377 m/s (最大:435 m/s)
操作性ランク3
シールド耐久値244 MJ
船体耐久値414
外装重量250 T
カーゴ容量20 T (最大:64 T)
燃料容量8 T
ジャンプレンジ6.79 Ly (最大:20.53 Ly)
ランディングパッド中 (Medium)
武器装備可能箇所6x Utility Mounts
2x Small Hardpoints
2x Large Hardpoints
1x Huge Hardpoints
内部装備2x Size 2 Compartment
1x Size 3 Compartments
1x Size 4 Compartments
1x Size 5 Compartments
保険金額2,793,352 CR
タイプFighter (戦闘機)
乗組員人数2人
寸法L:?m × W:?m × H?:m

購入場所 Edit

星系ステーション

船の装備(Outfitting) Edit

カテゴリーデフォルト装備デフォルトレートデフォルトクラス最大クラス

ゲーム内映像 Edit

コメント Edit

Show recent 10 comments. Go to the comment page. 画像を非表示

  • カッコいいし火力も出るから気に入ってるんだけど、旋回がうまくできねえ…… -- 2018-12-29 (土) 03:53:27
    • もしかして前進だけつかってる? ヴァーチカルとリーサルスラスターで旋回半径を小さくしたりできるし、後進しながら旋回しても良いんだよ? 旋回戦が面倒だったら、全速後進でバレルロールしながら引き撃ちしてもいいし、前進後進の切り替えだけでも結構動けるよ -- 2018-12-29 (土) 07:33:18
    • 普段は全然曲がらないけどスピードが乗ると途端に旋回性能が良くなるから勢いを保ったまま圧倒的スピードで相手を翻弄しよう。具体的には各操作で減速しないように常にアシストを切ること前提な感じの機体なのでアシストオフの練習に是非 -- 2018-12-30 (日) 17:16:06
    • 勘違いしてるCMDRが部分的にでもアシストオフするの勧めてるけど生兵法を真に受けちゃダメよ。アシストオフでもオンでも敵も自分も慣性の法則に従ってるのは変わんない。そこを理解してないと自己満足な行為だから。MAMBAの(全ての速度域の)操作性で旋回性能足りない原因をエスパーすると、多分、自分が持ってる慣性と敵が持ってる慣性を読み切れてないのが最大の原因と思われる。このゲームの宇宙船は、常に速度を維持する必要がある飛行機じゃなくて、ツルツルの氷の上で前後左右に動ける車を動かしてるような物だから、敵を正面に捉えるのに必要な操作も機動も根本的に違う。モニターの中の敵機の見た目だけ追ってると互いの慣性の向きと相対速度がグチャグチャになって旋回が間に合わなくなりやすい。敵の向きじゃなく慣性を読んで追いかけるようにすればMAMBAでも余裕で旋回間に合うよ。 -- 2018-12-31 (月) 05:07:08
  • Thargoid用に購入したものの排熱がダメすぎてガーディアン装備載せるとキツイものがある。Hardpointのサイズ的にもAX用途ならPythonかKraitの方が良い感じ -- 2019-02-03 (日) 14:38:20
Name:

  URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White