Top > Thargoids

Thargoids
HTML ConvertTime 0.017 sec.

3303年1月に人類と遭遇したエイリアン種族(第2次遭遇)
それ以前にも残骸としてその存在は確認されていた。
FSD中に妨害して通常空間へと引きずり出してくることがある。
現在はPleiades星団とその周辺に展開しており、後述する特定のシグナルソースでも遭遇することができます。
人類の星系やステーションが襲撃されることもある。


さらに被害が深刻化しており、一時期はバブル内でもThargoidによるステーションやメガシップへの襲撃が行われ、毎週何処かに被災したステーションが発生している状況もあった。
人類側もCMDRたちのCommunity Goalによる成果で Thargoidへの対策装備やAnti-Xeno兵器、Guardianの技術を応用した装備を開発して対抗している。
魔女の頭星雲はThargoidの侵攻先になりやすく、先日もCMDRたちの活躍によって撃退された。
現在も第2次Thargoid戦争(Second Thargoid War)の最中である。

歴史的経緯 Edit

人類とThargoidの歴史(外部サイト)


要約するとThargoidはEliteシリーズで既知のエイリアン種族で、過去に人類とThargoid間で大きな紛争が起きている。その時はCMDR Jamesonの活躍によって撃退することができた。
カルダシェフ・スケール (The Kardashev scale) と言われる宇宙文明の発展度を示すスケールに当てはめると、Thargoidは『III型』(属する銀河の全てのエネルギーをコントロールできる文明)の段階にあるエイリアン種族とみられています。
ちなみに人類と絶滅したエイリアン種族Guardianは、その下の段階『II型』(星の恒星の全てのエネルギーを利用することができる文明)に分類されています。

一般的注意事項 Edit

nonhumanss.jpg

通常は、NON-HUMAN SIGNAL SOURCEというシグナルソースで、存在を確認することが出来ます。
このシグナルソースの危険度は9段階あり、危険度によってThargoidの宇宙船の種類や規模をある程度推測できるようになっています。
ただし、Thargoidの宇宙船は強力な兵器を保有しているため、不用意には近づかないことが推奨される。

確認されているThargoidの宇宙船 Edit

  • Thargoid Interceptor
    Thargoidの現在確認されている主力船。
    Cyclops、Basilisk、Medusa、Hydraの4種類のほか、Orthrusという機体が確認されている。
    羽や心臓(Thargoid Hearts)の数、スワーム(Thargon Swarms)の規模で個体毎に強さが違っている。
    人類のテクノロジーでは対抗出来ない攻撃手段をいくつか持っている為、専用のセンサーやGuardian装備が必須になっている。
  • Thargoid Scout
    Thargoidの小型船。
    Interceptorより小型なThargoidの宇宙船。
    人類の小型船や中型船クラスの船で複数の変種が確認されており、攻撃や味方機の強化、回復といった役割分担がなされている。

コメント Edit

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照 画像を非表示

  • サーゴイドがバブル圏に大群で襲撃を開始、既に複数の星系がサーゴイドに占拠されている模様
    CMDR諸君はAnti-Xenoや被害を受けたステーションの支援を行うことができる -- 2022-12-01 (木) 05:15:25
お名前:

  URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White

ホーム リロード   新規 下位ページ作成 コピー 編集 添付 一覧 最終更新 差分 バックアップ 検索   凍結 名前変更     最終更新のRSS