Top > Lakon Type-10 Defender

Lakon Type-10 Defender
HTML ConvertTime 2.834 sec.

このType-10 DefenderはAllianceとLakon Spaceways社による共同開発の結果生まれた。同盟軍は迫りくる異星人の脅威に備えるべく、強力な砲撃に耐え持続的な攻撃が可能な兵器プラットフォームが早急に必要だと考えた。そこでLakon社は強化されたType-9のシャシーを軸に、隙のない戦闘能力を付与すべく再設計し、この軍用の巨獣を短期間に量産するに至った。

...ゲーム内解説より


4FXwrox.jpg     8Uj3qJ7.jpg

特徴など Edit

Lakon Spaceways社製の、PvE戦闘に大きく焦点を当てた大型クラスの戦闘輸送船。
派閥専用の大型戦闘船を所有していなかったAllianceが、対異星人戦を視野に入れた戦闘船を調達すべくLakon Type-9 Heavyのシャーシをベースに急遽開発した。
開発ベースとなった大型輸送船Lakon Type-9 Heavyとほぼ同形状の船体を持ち、艦載機も搭載可能。
実装当時に好まれた戦術とのミスマッチからか、対Thargoids戦で実際に活動している海外CMDR達からの評価は当時あまり芳しくなかった。
購入には、Horizons Season Passの導入が必要になっている。



同サイズでのライバルは二大派閥である帝国のImperial Cutterと連邦のFederal Corvette、そして汎用性の怪物Anacondaあたり。
それら三隻に対して優れている点として真っ先に挙げられるのは、圧倒的な船体の耐久度である。
隠しパラメータのArmour Hardness(装甲の硬さ)も全船の中で最高値の75で、人類の武器に対しても優れた防御性能を持つ。(※ただし財布には優しくない)
シールド貫通能力のある武装と酸による船体への持続ダメージを持つ対Thargoids戦では、この特徴を最大限に活かせるだろう。


内部区画のサイズや数にも余裕があり、Thargoidsの攻撃能力に対抗可能なGuardian系モジュールや装備品の数々を搭載できる。
船体の大きさに対してシールド容量は多くないが、仮想敵Thargoidsにはシールドがあまり役に立たないため大きな欠点とはならない。
人類相手の一般的なPvEでも一応、エンジニアによる強化込みでなら最低限の厚さを確保可能。



武装は「Large×4、 Medium×3、Small×2」と、4クラスの武装が搭載できるHuge Hardpointが存在しない。
一見力不足に見えるが、クラス3が主力になる対Thargoids用武器のプラットフォームとしては最適解の構成である。
ハードポイントの位置は船体上面と船底、コックピット付近の3カ所に分散されており、上下の区別なく一定以上の火力を維持可能。
特に正面に対しては全武器の射界が重なるように配置されており、全9門からの瞬間火力は非常に高い。
8つあるUtility Mountも、概ねそれに倣って配置が分散されている。


注意点としてはFixed武装を使用した場合、横幅のある船体に配置されている関係で射線に無視できない間隔が発生してしまう事が挙げられる。
それに加え、中央部が盛り上がっている船体上面の形状的に右翼側は左真横が、左翼側は右真横がそれぞれ死角になってしまう。
大型サイズの目標(主にThargoid Interceptor)に対する攻撃やRemote Release Flak Launcherの運用に関しては問題ないが、小型中型サイズ(主にThargoid Scout)に対する攻撃ではGimbalやTurret武器を用意して艦載機との共闘も検討した方が良い。



輸送船としてはLakon Type-9 Heavyと比べて、コストパフォーマンスと貨物室の容量で見劣りする。
海賊を撃退するための火力や装甲こそ用意できるが、大型船以外とのPvEも得意とは言えない。
Frame Shift Drive Interdictorからの逃走が特に難しい船でもあるので、日常的な運用には愛が必要だろう。


採掘用途では船体の大きさと鈍重さを加味しても、

という点で大きなアドバンテージがある。
Ver3.0アップデートにてPower Distributorの最大クラスが7に上がったのも地味に追い風。


仕様書 Edit

メーカーLakon Spaceways
価格124,755,342 CR
最高速度179 m/s (最大:200 m/s)
ブースト時速度219 m/s (最大:245 m/s)
操作性ランク0
シールド耐久値99 MJ
船体耐久値1,044
外装重量1,200 T
カーゴ容量220 T(最大:440 T)
燃料容量64 T
ジャンプレンジ6.97 Ly (最大:21.57Ly)
ランディングパッド大 (Large)
武器装備可能箇所8x Utility Mounts
2x Small Hardpoints
3x Medium Hardpoints
4x Large Hardpoints
内部装備1x Size 2 Compartment
2x Size 3 Compartments
2x Size 4 Compartments
1x Size 5 Compartment
1x Size 6 Compartment
1x Size 7 Compartment
1x Size 8 Compartment
2x Size 5 Military Compartment
保険金額3,827,571 CR
タイプCombat Freighter (戦闘輸送機)
乗組員人数3 人
寸法(約)L:135.4m × W:118.4m × H:39.3m

購入場所 Edit

船の装備(Outfitting) Edit

カテゴリーデフォルト装備デフォルトレートデフォルトクラス最大クラス
Small Hardpoint(小さめの武装)--1
--1
Medium Hardpoint(普通の武装)Pulse Laser12
Pulse Laser12
--2
Large Hardpoint(大きい武装)--3
--3
--3
--3
Utility Mount(ユーティリティースロット)--0
--0
--0
--0
--0
--0
--0
--0
Bulkheads(装甲)Lightweight Alloys18
Reactor Bay(電源)Power Plant68
Thrusters Mounting(スラスタースロット)Thrusters77
FSD Housing(FSDシステム)Frame Shift Drive67
Environment Control(船内環境システム)Life Support55
Power Coupling(パワー供給システム)Power Distributor67
Sensor Suite(センサー)Sensors44
Fuel Store(燃料系統)Fuel Tank66
Internal Compartments(内部装備)Cargo Rack78
Cargo Rack67
Shield Generator66
Cargo Rack45
Cargo Rack34
--4
Cargo Rack23
--3
--2
Basic Discovery Scanner?12
Military Compartments--5
--5

ゲーム内映像 Edit

コメント Edit

Show recent 10 comments. Go to the comment page. 画像を非表示

  • パワーディストリビューターがVer3.0で7にグレードアップします。 -- 2018-02-15 (木) 11:24:05
    • 7になるのか・・・、本格的に採掘船に使えそうだな・・・、積載量も文句なしでパイソンよりも良くなりそうだ。 -- Sprite(VS)? 2018-02-21 (水) 00:50:10
  • これが貨物船枠に入っててなぜキールバックは戦闘機枠のままなのか、これがわからない -- Sprite(VS)? 2018-06-21 (木) 04:25:40
    • keelbackはType6の積載能力減で戦闘能力が向上(Type6と違い艦載機が搭載できるなど)した機体なので、戦闘機の分類で良いのでは -- 熊五郎? 2018-07-08 (日) 01:36:09
      • Lakon Type-10 DefenderはType-9の積載能力減で戦闘能力が向上した機体なので、戦闘機の分類で良いのでは -- 2019-08-29 (木) 20:12:59
  • Caberaniで珍しく安く売ってたから採掘船として採用検討してるけど、どうなんだろう? T9と比べてサイズ8のオプション区画がひとつ減って、代わりに戦闘力が上がってるようだけど…。自衛できることが売りとしても、T9が死ぬほどモッサリしてたから、もし動きがアレと変わらないレベルだとしたら、とてもじゃないけど戦闘なんてどうせできない。敵を射界に入れられないもんな…。それとも多少キビキビ動くんだろうか? -- 2018-11-19 (月) 13:38:18
    • あ、艦載機積めるから自衛はしやすいのか…。まあパイロット雇ってないけど、採掘の間だけ雇うのもアリ? ミッション報酬受け取るとき解雇しておけばいいんだっけ? -- 2018-11-19 (月) 13:44:34
    • 動きは、T9より多少まにしなった程度で劇的に改善されてる訳じゃないって感じ(主観)。動きが気になるならカーゴ容量に妥協してアナコンダを目標にした方が良いかもしれない。動きが重い船だとベータ中のマイニングツールが実装になった時に持て余しちゃうかもしれない。 -- 2018-11-19 (月) 20:09:54
    • ふむやはり動きは重いですかー。たしかにアナコンダに対する明確な売りが無いよね。T9はカーゴ容量って強味があったけど…。カーゴ減ってるから、単に「重いアナコンダ」になっちゃってる気がする。 -- 2018-11-20 (火) 12:22:06
  • 運用してみましたが、うーん・・・デザインが好きとか用途が決まっているとかの理由がない限り、他の大型船をすすめたいですね。
    最大の問題点は機動性よりも基礎シールド容量の問題でした。火力こそありましたが、最大ランクのシールドジェネレータを搭載してすら容量がたいしたことがなく、中型戦闘艦や大型船との交戦ともなれば基本的には「本体耐久力で耐える船」です。
    おわかりの通り本体で耐える交戦というのは心臓にも財布にも悪く、海賊との交戦も踏まえて汎用的に乗りまわす船ではないと感じました。それだったらアナコンダとかのほうがいいです。
    交戦を回避して輸送だけするなら、それこそT9よりカーゴがかなり少ない下位互換になってしまいますし、かといって採掘船にするには高価でオーバースペックすぎます。
    vsサルゴイド用と割り切った使い方をして初めて光る船のような印象でした。
    愛用している人がいたらスミマセン。 -- 2019-04-19 (金) 18:01:00
    • >vsサルゴイド用と割り切った使い方
      まさに(他の要素を捨てて)これでしょうね。 -- 2019-12-27 (金) 20:12:21
    • 対サルゴイド防衛戦用の重装砲撃艦と云う設定そのままの大型船。
      只、他の戦闘向け大型船とかなり毛色の異なる艦なので実装当初の評価は芳しくなかったが…
      vsサルゴイド戦においてまともな防御を有している点では貴重な船。
      採掘船としては採掘場所の選定をきっちりやっていれば採掘効率のすこぶる良い船になる。
      ダブルホットスポットでの採掘は余計な移動を減らせ、Mining LaserとLimpetの稼働数と貨物容量を最大限に発揮できる素敵な採掘船になる。 -- 2020-01-03 (金) 19:21:59
  • 外部サイト使って探しても全然みつからねぇ... どこにいるの愛しのtype-10ちゃん... -- 2020-08-07 (金) 01:46:03
    • Horizons Season Passはお持ちですか? -- 2020-08-07 (金) 13:05:38
      • あっ... 持ってないです... すいません😇 -- 2020-08-07 (金) 18:10:27
  • この船って対サルゴイド用に設計された割にはそんなに向いてるわけではないんですね... 武装配置が離れてるからガウスキャノンは当てづらい上に遅いので1度補足されたら離脱もできないし... 船体が大きいから被弾率も増えるし対人類の戦闘や輸送なら他の大型艦の方が勝るし...... なにか他の追随を許さない得意分野とかないんですかね -- 2020-08-30 (日) 20:50:37
    • 採掘船としては非常に優秀だぞ -- 2020-10-10 (土) 03:31:24
    • 武器枠、モジュール枠と価格のバランスで、パーツ保管庫として他の追随を許さない!! -- 2020-10-11 (日) 01:48:17
Name:

  URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White