Top > 装備強化

【sWIKI】からのお知らせ【重要】
「https:」での通信が可能となりました。プレイステーション4の一部で表示されない場合が御座います。こちらを御覧下さい。
装備強化
HTML ConvertTime 0.058 sec.

※現在このページは更新作業中です。完成までお待ち下さい。
2.1「The Enginners」アップデートにて追加されたNPC「エンジニア」により強化を行ってもらえる「装備永続的強化」の解説ページです
このページはエンジニア(NPC)ページと合わせて閲覧することを推奨します。
3.0「Beyond」アップデートにより大きく仕様が変わり、ランダム要素がほとんどなくなりました。

強化できる大まかな装備について Edit

エンジニアにより強化をしてもらえる装備は

強化方法の大まかな流れ Edit

1、強化したい装備を強化してもらえるエンジニアの開放(詳しくはエンジニア(NPC)にて)
2、装備に適用する効果を決め、強化に必要な材料の収集
3、エンジニア基地に行き、強化。思うような結果が出ない場合は結果を破棄(Discard)もしくは再試行(Try Again)、出た場合には適用して終了(Apply)。


改造とは Edit

エンジニアの手を借りて船のパーツに手を加える行為です。それぞれのパーツにおいて様々な傾向の改造を施すことができます。それにより船の性能が少しずつ変わり、船に個性が生まれます。尖った性能にするのも卒のない性能にするのも選択次第。まずは自分の船をどのように変えたいのか。そのイメージを決めましょう。始めたばかりであるならば、少し不満に思う点を少し改善することを目標にしてみてはどうでしょうか。
パーツの改造を行う際には、必ず”伸びる点(青)”と下がる点(赤)”が発生します。元のパーツの完全上位互換にはなりません。その点には注意が必要です。


改造に挑むにあたって Edit

エンジニアの解放は実績(どれだけゲーム内で努力してきたかの評価)めいたところがあります。目標ととらえず通過点と思いましょう。でないとゲームが遊戯ではなく作業になってしまいます。それは悲しむべきことです。
なのでエンジニア解除&改造をゲームを楽しむ上での前提ととらえるべきではありません。
実装以来、バージョンを重ねるごとにエンジニア解除条件の緩和や改造に必要な素材の削減が行われています。データは自分の目で見るなどして最新のものを確認するようにしてください。


ガチャなの? Edit

パーツの各種パラメーターを、それぞれの項目ごとに多少いじくる、そこに偶然が差しはさまる、というのがパーツの”改造”の趣旨です。
なのですべての性能を最大にする、ということは(数学的に見て)難しいことです。ガチャでいくら突っ込むのかを決めるときと同じように、見通しと引き際の事前設定は非常に重要です。
3.0アップデート以降において、ランダム要素はほとんどなくなりました

  • 改造により性能が悪化する部分は改造の種類、改造のランクに応じて固定値なりました
  • 改造により性能が向上する部分は上がり幅にランダム性がありますが、「前回の改造よりも必ず性能が向上する」ようになったため、回数をこなせば必ず最大値まで改造できるようになりました。

改造するための条件 Edit

改造するにはいくつかの条件があります。改造できない場合は以下の要素をチェックてみましょう

そのエンジニアが改造できる装備とグレードですか? Edit

エンジニアには得意不得意があります。たとえば「FELICITY FARSEER」はFSDのGrade5の改造をすることができますが、ThrusterはGrade3までの改造しかできませんし、Pulse Laserの改造は全くできません。

ちゃんと装備していますか? Edit

装備しているものしか改造できません。Outfitで改造したいものを装備しているかきちんと確認してください。そのため、大型の武器や装備を改造したい場合はそれが装備可能な大型の船でエンジニアのもとを訪れなければなりません。

エンジニアの友好度は足りていますか? Edit

エンジニアを開放してすぐにGrade5の改造ができるわけではありません。初めはGrade1の改造しかしてくれませんが、エンジニアの友好度をあげることでより高度な改造をしてくれるようになります。
友好度は改造をすることで上昇することができます。また、エンジニアによって異なりますが探索データの売却、コモディティ売却、懸賞金寄付など、エンジニアの望む行為によって上昇させることもできます。

1から順番に改造していますか? Edit

いきなり高Gradeの改造をすることはできず、下位のGradeで一定(70%程度?)の改造をしなければより上位の改造をすることができません。そのため、最初に改造するときは必ずGrade1からの改造になります。改造がされている装備に対し、別の種類の改造をする場合、一度改造をリセットして最初からの改造する扱いになるため、Grade1からの改造になります。

素材はありますか? Edit

改造には素材が必要です。より高度な改造にはより高レアリティの素材が必要になることもあります。

3.0アップデート前に改造した装備ですか? Edit

エンジニアの仕様が大幅に変更される3.0アップデート前に改造したものはLegacy改造とみなされます。その装備の十分なGradeを改造できるエンジニアのもとで、現在の仕様のものに修正してもらってからでないと新たな改造を施すことはできません。(Legacy強化装備は一度強化を除去し無印に戻すことでも新仕様で強化可能になります)

画面の見方 Edit

エンジニアの詳細画面 Edit

//uploader.swiki.jp/attachment/full/attachment_hash/9bf065da1dfef3411963ec8337cf6288ba505faa

  • ①エンジニアの友好度:この例ではGrade3まで改良可能。有効度が上がり、ゲージが右端まで到達するとGrade4の改造が可能となる
  • ②装備品を改造する:今現在装備しており、改造可能なものが一覧で表示される。改造したい場合は、このリストから改造したいものを選ぶ。この例ではMulti-CannonのGrade3までが改造可能。うっすらと鍵マークが表示されている通り、有効度が上がればGrade5までの改造も可能
  • ③改造すべてを確認:このエンジニアが改造可能な装備とGradeがすべて確認できる。確認するだけで改造はできない。

装備改造画面 Edit

//uploader.swiki.jp/attachment/full/attachment_hash/f79b13f87d6a06b9ec3ba3143563f203ef575ab8

  • ①現在可能な改造一覧。ナットマークが改造実施可能な項目、チェックマークは改造済み、鍵マークは条件を満たしていないもの。この例ではIncreased FSD RangeのGrade3までの改造が済んでいるため、Increased FSD RangeのGrade4かそれ以外のGrade1の改造が可能
  • ②改造による増減値:選択中の改造をした場合の増減値予想。赤は性能悪化。青は性能向上。赤は改造を施すと即座に固定値でこの値に変化。青は表示されている値を最大値としてランダムで上昇。(ただし必ず現在値より上昇する)
  • ③現在付与されている追加効果:追加効果を付与している場合はここに表示。追加効果を付与できない装備はその旨がここに書かれる。この例では何も付与していない
  • ④必要な素材:必要な素材と現在所持数
  • ⑤改造を実施:ここをクリックすると選択中の改造を実施する。
  • ⑥追加効果を付与:素材を消費して負荷効果を付与できる。ここをクリックすると付与できる効果の一覧へ。
  • ⑦改造をピン止め:エンジニア一人につき一種類ずつ、改造をピン止めすることができる。ピン止めしている改造を選択している場合は「ピン止めを解除」ボタンに変わる。

追加効果の付与 Edit

改造とは別に、素材を消費することで追加効果を一つ付与することができます。重量軽減といったパラメータ変化のほかに、武器に回復効果をつけるなどの特殊な効果を付与することもできます。
追加効果を付与するためには何らかの改造をする必要があります。

リモート改造 Edit

改造をピン止めしておくとで、エンジニアのもとを訪れなくても改造をすることができるようになります。
このリモート改造にはいくつかの制約があります。

  • 改造してもエンジニアの好感度は上がらない
  • 追加効果は付与できない
  • Legacy改造品は改造できない

tips Edit

マテリアルやデータの持てる量が少なすぎるよ Edit

マテリアルは1000個、データは500個まで取得することができます。上限に達してしまった場合は、不要なものを捨てるなどして空きを作ってやる必要があります。
何を捨てればいいのかわからない、何が必要とされるのかがわからないという場合は、レアリティが低い(入手難度の低い)ものや、使いみちの少ない(余っている)ものから捨てると良いのではないでしょうか。
なお、現時点で用途の設定されていないものが多数あります。なんでも溜め込めばいいというものでもないようです。
3.0アップデートにより、すべてのマテリアル、データが個別に管理されるようになりました。所有できる上限数は100から500までとものによって異なります。
また、Material Traderによりマテリアルの交換ができるようになりました。そのため、所有上限に達したものは別素材に変換することで効率的にマテリアルを集められるようになりました。


別の種類の改造も試したいのだけれど、いまの改造を外したくもない… Edit

エンジニアの拠点にはOutfittingが併設されており、大抵の拠点ではそのエンジニアが改造できる品をその場で購入する事ができます。
現在ではパーツをStoreすることができるので、改造済みのパーツをStoreして新しいパーツを付け、それを新たに改造してもらう、といった事ができます。
また、遠隔地に置かれたパーツを取り寄せることも(時間はかかりますが)行えるので、それを利用するのも有用です。


改造で何がどう変わったのかがわからない… Edit

Outfittingで該当するパーツを選択した際に選択肢に出る"Modifications"を選択することで、そのModifyにより何がどう変化したのかが表示されます。


改造を外したい。取り消したい。 Edit

上記の"Modifications"の選択をした際に"Remove Modifications"という選択肢が出るので、それを選択するとModを外すか否か(改造をリセットするか否か)の選択肢が出ます。注意書きに対してyesを押すと外せます。


コメント Edit

最新の15件を表示しています。 コメントページを参照 画像を非表示

お名前:

  URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White