Top > Sensors

Sensors
HTML ConvertTime 1.223 sec.

00t1Bad.png


ターゲットした船の標準的な船体性能、CMDRデータ、船体位置等を検出する為のセンサー。
※ゲーム内解説(意訳)より

特徴 Edit

センサーは、受動的に範囲内の船などの情報を集めてレーダーに表示してくれる装備。
ターゲットをロックすることで、より多くの情報を集めることができる。
RATE(性能ランク)が上がると探知できる範囲が延びるが、RATEが高いものは値段も高く、重量も重め、消費電力も多くなるので、多くのCMDRは下位のRATEを使う事が多いようだ(英wikiより)。
ただ、性能の低いセンサーを使っていると、熱量の低い(ステルス性の高い)機体や熱量を抑えて航行している艦を感知できず「目視できてもロックができない」といった状況に陥ることがある。
とはいえそれ以外には、一番性能が良いAと一番軽いDでは体感できるほど範囲に違いを感じることはないだろう。通常はD、戦闘ミッションに行くときだけAにする、といったような運用をするといいかもしれない。


なお、センサーが壊れるとレーダーに敵船が表示されなくなるだけでなく、ターゲットをロックすることもできなくなりる。
試しにセンサーの電源を切ってみれば、それがどれくらい不便かつ危険かがわかるだろう。
逆に言えば、Gimbal系兵器で敵船のセンサーを狙うというのも、有効な戦術の一つである。


V3.3
一部のセンサー系モジュールの機能を統合する形で機能が追加された。モードの切り替えには、キー設定を行う必要がある。
このモードの切り替えで、センサー類とその他武装を同じ射撃グループに指定しつつ、使い分けできるようになった。

  • Combat Mode
    V3.2以前の通常のHUDと同じオレンジ色の画面。武装等の装備しか使えない。
  • Analysis Mode
    水色のUIが表示されるセンサー系のユーティリティや標準機能が使えるモード。
    センサーの標準機能になったDiscovery ScannerやFSS(Full Spectrum System Scanner)もこのモードから起動する。

仕様 Edit

Class
(クラス)
Rating
(性能ランク)
Mass(T)
(重量)
Integrity
(耐久ランク)
PowerDraw
(消費電力)
Range (KM)
(範囲)
Price(Cr)
(価格)
1E1.30A0.1604517
1D0.50A0.18051,293
1C1.30A0.20053,231
1B2.00A0.33068,078
1A1.30A0.600620,195
2E2.50A0.18041,448
2D1.00A0.21053,619
2C2.50A0.23059,048
2B4.00A0.380622,619
2A2.50A0.690656,547
3E5.00A0.22044,053
3D2.00A0.250510,133
3C5.00A0.280525,333
3B8.00A0.460663,333
3A5.00A0.8406158,331
4E10.00A0.270411,349
4D4.00A0.310528,373
4C10.00A0.340670,932
4B16.00A0.5606177,331
4A10.00A1.0207443,328
5E20.00A0.330531,778
5D8.00A0.370579,444
5C20.00A0.4106198,611
5B32.00A0.6806496,527
5A20.00A1.23071,241,317
6E40.00A0.400588,978
6D16.00A0.4505222,444
6C40.00A0.5006556,110
6B64.00A0.83071,390,275
6A40.00A1.50073,475,688
7E80.00A0.4704.96249,140
7D32.00A0.5305.58622,840
7C80.00A0.5906.201,557,110
7B128.00A0.9706.823,892,770
7A80.00A1.7707.449,731,970
8E160.00A0.5505697,584
8D64.00A0.62061,742,850
8C160.00A0.68064,359,903
8B256.00A1.140710,899,756
8A160.00A2.070827,249,391

注意点 Edit

[2.1要素]エンジニアによる強化効果内容 Edit

3.0Update後暫定版 Edit

強化内容一覧 Edit

  • 青字は性能向上。この値を上限にしてランダムに変化(ただし、前回よりは必ず向上する)
  • 赤字は性能悪化。各Gradeの最初の改造時に固定値でこの値に変化する。
    Blue PrintGradeRange
    (距離)
    Scan Angle
    (角度)
    Integrity
    (モジュール耐久)
    Mass
    (質量)
    Power Draw
    (消費電力)
    必要素材
    Lightweight1-5%-10%-20%PHOSPHORUS(1)
    2-10%-20%-25%SALVAGED ALLOYS(1), MANGANESE(1)
    3-15%-30%-50%SALVAGED ALLOYS(1), MANGANESE(1), CONDUCTIVE CERAMICS(1)
    4-20%-40%-65%CONDUCTIVE COMPONENTS(1), PHASE ALLOYS(1), PROTO LIGHT ALLOYS(1)
    5-25%-50%-80%CONDUCTIVE COMPONENTS(1), PROTO LIGHT ALLOYS(1), PROTO RADIOLIC ALLOYS(1)
    Long Range1+15%-10%+20%IRON(1)
    2+30%-15%+40%IRON(1), HYBRID CAPACITORS(1)
    3+45%-20%+60%IRON(1), HYBRID CAPACITORS(1), UNEXPECTED EMITTION DATA(1)
    4+60%-25%+80%GERMANIUM(1), ELECTROCHEMICAL ARRAYS(1), DECODED EMITTION DATA(1)
    5+75%-30%+100%NIOBIUM(1), POLYMER CAPACITORS(1), ABNORMAL COMPACT EMITTIONS DATA(1)
    Wide Angle1-4%+40%+10%MECHANICAL SCRAP(1)
    2-8%+80%+20%MECHANICAL SCRAP(1), GERMANIUM(1)
    3-12%+120%+30%MECHANICAL SCRAP(1), GERMANIUM(1), CLASSIFIED SCAN DATABOOKS(1)
    4-16%+160%+40%MECHANICAL EQUIPMENT(1), NIOBIUM(1), DIVERGENT SCAN DATA(1)
    5-20%+200%+50%MECHANICAL COMPONENTS(1), TIN(1), CLASSIFIED SCAN FRAGMENT(1)

追加効果一覧 Edit

追加効果は付与できない

コメント Edit

Show recent 10 comments. Go to the comment page. 画像を非表示

  • 通常空間内において特定対象を捕捉するために必要となる装備。 対象がセンサーの捕捉距離を超えてしまうとロックも外れてしまうので戦闘行為を行うのであれば上位のものを装備しておきたいところ。 -- 2015-10-15 (木) 02:07:30
  • 2.0&1.5で『センサー有効範囲』が小数点二桁まで追加されてるのを確認>Coriolis - Shipyardにて

…データ追加されたクラス7以外の各価格もちょっと替わってるかもしれません。 -- 2015-12-28 (月) 09:26:41

  • 性能差に関して少し加筆しました。 -- 2015-12-28 (月) 17:19:49
  • 戦闘用であればAにLong Range、探査・交易用であればDにLightweight。 -- 2020-07-11 (土) 22:56:12
  • 戦闘でセンサーが破壊されてステーションと通信できなくなったときは右ウィンドウのShipタブ>FunctionからReboot/repairを行おう。 -- 2021-01-04 (月) 06:03:57
Name:

  URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White