Top > Discovery Scanner

Discovery Scanner
HTML ConvertTime 2.359 sec.
  • Basic
    ZxFsffS.png
  • Advanced
    6R1Ezet.png

『Discovery Scanner』とは「internal compartment」に搭載された、
自船を中心とする「特定半径内の自身が未探査の星系」をスキャン可能にするユニットです。


v3.3
船のセンサーの機能に統合されて、モジュールとしての『Discovery Scanner』は無くなりました。

特徴 Edit

未探査のSysytem(星系)内で使用するとまだ探査していないステーションや惑星や小惑星の位置を特定してくれる装置です。
V3.3で船の標準装備のセンサーに機能が統合されました。
V3.2以前と同じくシステムマップ上に位置を表示してくれるだけなので、惑星、月、または小惑星帯を『発見』するには、FSS(フルスペクトラムシステムスキャナー)を起動して、FSSモードを使用する必要があります。

FSS(フルスペクトラムシステムスキャナー)も標準装備のセンサーの機能の一部で、使用にはキー設定をする必要があります。

SystemMAPを見てもしその天体ネームの下にFirst Discoveried by ○○とついていなければあなたが初めて探査した人となります
そのデータを持って帰って売ることであなたの名前が刻まれることになるでしょう
しかし気をつけてください。探査データは船が破壊されると消えてしまいますので帰り道は特に慎重に行きましょう

仕様 Edit

V3.3からセンサーの起動は、Analysis Modeから行う仕様になりました。
Combat modeとAnalysis Modeの切り替えに【SWITCH HUD MODE】のキー設定が必要になります。

  • Discovery Scanner
    システムパネル(キー割り当て4)の FIRE GROUPS でアサインして使用する。FSSモード用のキー設定を使えば、FIRE GROUPSを使用せずに済ます事も出来る。
    Analysis modeでのみ使用可能で、スキャン完了までトリガーを引いたまま起動し続ける必要が在る。
    スキャン範囲は星系全域で、全ての天体の位置を特定できます。
  • FSS(Full Spectrum System Scanner)
    Discovery Scannerの機能の一つで、Analysis modeでのみ使用可能。FSDのスーパークルーズ中に使用する。
    OPTIONのCONTROLSからFSS操作の為のキー設定をする必要があります。
  • 起動すると専用のFSSモードに切り替わります。FSSモードでは、Discovery Scannerで位置を特定した天体やSSSにセンサーをフォーカスしてスキャンすることができます。
    スキャン範囲は星系全域で、任意の位置から視界内の視線が通る全ての天体やSSSをスキャン出来ます。
  • スキャン方法
    FFS画面を起動すると、上から下へ向かって移動する走査線が視界内をスキャンして、Discovery ScannerでスキャンしたSSS等の何かしらの信号源がある空域を明るく強調表示します。
    FSS用のUIにあるDiscovery Scannerのキー設定を設定すれば、FSS画面内でDiscovery Scannerを起動する事が出来ます。
    天体をスキャンする時は、FFS画面の下にある『Filtered Spectral Analysis』のテープに並んでいる信号源にTUNINGを合わせ、スキャン対象の種類を指定する必要がある。
    スキャンする信号源を指定すると、その方向がレティクル上に表示されるので、そのガイドに従い(SSSなら強調表示された空域へ)レティクルの反応する空域を探します。
    レティクルが青く光る場所でZOOM INして拡大表示に切り替えて、正確に天体を捕捉するとスキャンすることができる。


 v3.2

注意点 Edit

  • 最上位の『Advanced』以外のスキャナーの場合、一度のスキャンで確認可能な『有効範囲』外にある惑星や伴星などは
    未確認のままになるため、一度目のスキャンで得た最遠惑星などに飛んで再度星系スキャンした方が良い。
  • あくまで位置を特定するだけなので、惑星探索で稼ぐつもりなら星に近づいてスキャニングする必要がある。

コメント Edit

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照 画像を非表示

  • 星系探査で稼ぐなら最上位のものを買うのをオススメする。最上位のものは星系内全域の位置情報を特定できる。 -- 2015-01-24 (土) 00:29:34
    • 特定してスキャンするだけでなく、もう一種類、詳細をスキャンするスキャナーもあるので、本気で探査するならそれも積む必要がある。DetailSurfaceScannerだったっけか -- 2015-05-11 (月) 19:14:54
  • LP 510-Born Horizen 全種販売あり 最上位150万 -- 2015-05-09 (土) 23:20:43
  • 過ぎ去る星々を目で追って人力特定してもええんよ。見つけたら精密に捉えて体当たりでドロップするんやで。 -- 2016-01-11 (月) 17:42:17
  • うちに帰るまでが遠足です -- 2016-02-01 (月) 23:54:24
  • Advanced以外であれば目で惑星をみつける別ゲーになりますが、探査自体は可能です。初期から探査したい方は、アドバンスドがないからできないーと思わず、探査プレイしてみてください。 -- 2016-12-04 (日) 21:19:41
  • gd 215 の kingsbury base ってスキャナ使って探す?さっぱりわからん -- 2017-01-04 (水) 18:55:12
    • 星系データを持っていない(星系データを購入することもできない)場所等の地上基地は星系内でアクティブスキャンを実行する事で惑星の位置や施設の名前等を習得することが可能です。
      惑星の名称や詳細なデータを得る場合は一定距離内に近寄り船体正面でしっかりとスキャンする必要が有りますが、ミッション目的だけならば位置情報だけでも達成可能です。
      一応、スキャナを積まなくとも目視で強引に該当ステーションに下りてしまうことも可能ですが、現実的ではありません。 -- 2017-01-05 (木) 03:59:08
      • thx,今度いったときにスキャンしてみるわ。吸い込みのすごい星に基地はないと思うし、でかい星のほうに。乗ってた乗客とかそこでキャンセルしたら、その星域にぽいっとしてる気がするし、無事目的地についてるといいんだが? -- 2017-01-05 (木) 18:21:18
お名前:

  URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White

ホーム リロード   新規 下位ページ作成 コピー 編集 添付 一覧 最終更新 差分 バックアップ 検索   凍結 名前変更     最終更新のRSS