Top > Shield Cell Bank

【sWIKI】からのお知らせ
pccommentに画像を添付する機能を付けました。また、差分チェッカーの通報機能に時間制限を設けました。詳しくはTwitterを御覧下さい。
Shield Cell Bank
HTML ConvertTime 0.605 sec.

t1iBdNe.png


Shield Cell Bankに予めエネルギーチャージをし、緊急時に素早くShield回復させるための専用デバイス。
攻撃などでShieldが無力化された場合、これを起動しても効果はありません。


特徴 Edit

v2.2.03
カートリッジ的な「エネルギー蓄電池」でシールドを緊急回復する装置、主に防御用に用いられています。
使用すると一定時間(Spin up time)後にシールドを各ランクとグレードに応じた時間(Duration)の間リチャージし続けます。
しかしこの間「シールドの本来持つダメージ減衰率が大幅に低下する」為、出来るだけシールドにダメージを受けない環境下で使用し、SYSへのエネルギー供給を増やす等の対策が推奨されます。
(セル使用中のデメリットは2.1アップデート以降、仕様が変わって無くなっている可能性が高いため要検証)


スピンアップタイムが存在し、その後に一定の時間(Duration)をかけて回復(Shield Reinforcement/s)する効果な為、瞬時に回復が出来ないことに加え
激突や攻撃で「完全に失ったシールド」を『緊急復元する』装置では無いので、既にシールドを完全消失してる場合は効果ありません。
デバイス購入後、事前設定したキーバインドで起動可能なので、ファイアグループへ登録しなくても使用可能。
v2.2.03現在では、キーバインドでのセル使用が複数同時ではなく個別起動になり、以前の様に使用したくないセルの電源を落とす必要がなくなりました。


緊急回復した後の『使用済みCell』は弾薬のように再補充する必要が有り、弾薬補給が可能なステーションの『Re-arm』サービスにより補充可能です。
ステーションに着陸後、各「Starport Services」内の『Restock』メニューから再補充を受けてください。『Cell』の補充価格は300cr/個(要編集)。

仕様 Edit

※要データ確認(元データ:2015年12月時点)

クラス性能ランク重量(T)耐久ランク消費電力Cell(充電池)使用数最大Cell搭載数安定化率価格(CR)
1E1.30A0.41013E517
1D0.50B0.55013E1,293
1C1.30A0.69013D3,231
1B2.00A0.83013D8,078
1A1.30A0.97013D20,195
2E2.50A0.50015E1,448
2D1.00A0.67013D3,619
2C2.50A0.84014D9,048
2B4.00A1.01015D22,619
2A2.50A1.18014C56,547
3E5.00A0.61015D4,053
3D2.00A0.82013D10,133
3C5.00A1.02014D25,333
3B8.00A1.22015C63,333
3A5.00A1.43014C158,331
4E10.00A0.74015D11,349
4D4.00A0.98013D28,373
4C10.00A1.23014C70,932
4B16.00A1.48015C177,331
4A10.00A1.72014B443,328
5E20.00A0.90015D31,778
5D8.00A1.20013C79,444
5C20.00A1.50014C198,611
5B32.00A1.80015B496,527
5A20.00A2.10014B1,241,317
6E40.00A1.06016D88,978
6D16.00A1.42014C222,444
6C40.00A1.77015C556,110
6B64.00A2.12016B1,390,275
6A40.00A2.48015A3,475,688
7E80.00A1.24015D249,137
7D32.00A1.66013C622,843
7C80.00A2.07014B1,557,108
7B128.00A2.48015B3,892,770
7A80.00A2.90014A9,731,925
8E160.00A1.44016C697,580
8D64.00A1.92014B1,743,960
8C160.00A2.40015A4,356,900
8B256.00A2.88016A10,899,760
8A160.00A3.36015A27,249,390

運用上の注意点 Edit

  • 2.0&1.5:セルバンクによる『緊急チャージ』の際、一時的に熱量が100%を超えて『オーバーヒート』するようになりました。
    『熱量の多い兵装』で攻撃中にセルバンクでシールドをリチャージすると、過熱による兵装やモジュールへのダメージ、あるいは最悪では船体の自壊が起こる可能性が有ります。

  • シールドセルバンクの使用中は、シールド強度(EN供給量に比例したダメージ軽減倍率)が大きく低下する。
    その上、この装置を起動させて実際にシールド回復が始まるまで『約5秒』のタイムラグが有るため、戦闘時の被弾中に起動させる際はシールド喪失するギリギリで使うと間に合わない場合が多い。
  • 複数の「Shield Cell Bank」を搭載した場合の注意点
    • FireGroupsへ個別設定してのグループ切り替え運用の場合は問題は無いが、「オプション項目⇒キーバインド設定」でのキーバインド運用の場合「電源の入っているセルバンク」全てが同時に起動してしまう
      v2.2.03環境下では、キーバインドでのセル使用時に1個づつの個別起動が可能になりました。

コメント Edit

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照 画像を非表示

  • 複数運用の説明だけど、要は片方使い終わるまで、もう片方は電源切っておけってことかな? -- 2015-08-08 (土) 22:11:56
    • Yes -- 2015-08-10 (月) 04:04:18
    • 2.0&1.5での『オーバーヒート』現象は要確認かもしれません -- 2015-12-17 (木) 06:34:44
  • 2.0&1.5にて発生熱量が大幅に上昇、大半の機体ではオーバーヒートするようになりました。これは仕様です。 -- 2015-12-22 (火) 14:00:03
  • 検証したところ複数セルバンクのキーバインド起動は2.0&1.5アップデート後も同時起動するようです。チャフやヒートシンク等とは別の様ですね。 -- 2015-12-30 (水) 19:29:45
  • 現在のVerだと稼働時間や一秒当たりの回復量も表記されているので性能の比較がしやすくなりました
    稼働時間が長いものを選ぶと一度の起動でシールドが満タンになるほどの回復量を見せます -- 2016-11-30 (水) 22:01:56
お名前:

  URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White

テスト的に表示しています。