Top > Heat Sink Launcher

Heat Sink Launcher
HTML ConvertTime 1.382 sec.

DPPULFF.png


使い捨てヒートシンクブロックを搭載します。装備後は船の熱量がシンクブロックに蓄えられられ、排出することも可能です。排出後は弾薬で再補給可能です。

...ゲーム内解説より


  • 搭載時画像
    dVKqRrh.png

特徴 Edit

  • ヒートシンクを使用する事で、それらに『総ての内部潜熱』を伝導して船からそれらを排出し、一時的に船を冷却する事が可能となります。
    • ヒートシンクが最も一般的に使用されるのは、『サイレント・ラン(Silent Running)』に関連してか、あるいは大型艦が「多重ハイパースペースジャンプ」する際に発する『余剰熱』を放出する時です。
    • 兵装が過熱した際の「クールダウンプロセス」を加速する時にヒートシンクを展開します。
  • 「ヒートシンクランチャー(Heat Sink Launcher)」は船の「ユーティリティマウント(Utility Mount)」に搭載され、それらを2つ以上搭載する際は「追加のユーティリティマウント」を必要とします。
  • 各ランチャーユニットはヒートシンクを3つ格納しており、各ヒートシンクは『艦の最大熱容量』の90〜100%を蓄熱可能です。
    • ヒートシンクは『割り当て済みの専用キー』で起動するか、射撃グループでランチャーに割り当てられた発射キーから起動する事が可能です。
      ヒートシンクを起動するためにハードポイントから展開する必要はありません。

※ヒートシンクは現在『通常空間の外』でも機能し、「スーパークルーズ(超光速巡航)」中でも使用可能です。

仕様 Edit

クラス性能ランク重量(T)耐久ランク消費電力(MW)アーマー貫通ランク熱負荷装弾数予備弾数価格(CR)
0I1.300B0.200F0143,500

注意点 Edit

  • 装備すると自船のヒートレベルをこのシンクに貯めるようになり、ヒートレベルが高い時に切り離すことによってヒートレベルをリセット出来る。
    • 恒星に間違えて突っ込みそうになった時や、戦闘時の熱量オーバー時に使うと有用である。
  • 使用後はステーションサービスの『RESTOCK』でのみ再補充が可能。

コメント Edit

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照

  • 装備選択時の『アイコン』ではちょっと分かり難いが『円盤状のヒートシンク』がセットされており、クールダウンのために射出すると「放出したヒートシンク」をオブジェクトとしてターゲット可能。地表で見掛ける事もあるかもしれない… -- 2015-12-28 (月) 11:39:39
    • 案外リムペットなんかで拾いなおすと再使用できたりしてな、、、。まさかな、、、。 -- 2015-12-28 (月) 14:12:34
      • 拾ってくれなかった・・・。 -- 2015-12-30 (水) 14:48:46
  • Horizonesからかは不明ですがキーバインドでの使用でも一斉起動せずに1つづつ個別起動ができるようになってました。 -- 2015-12-30 (水) 14:49:50
  • もしかしてこいつってフレア代わりになったりしちゃう? -- 2016-01-07 (木) 14:38:48
  • スーパークルーズ中でも余裕で使えた気がするけど・・・ -- 2016-02-04 (木) 16:48:43
    • 更新しました。現在では使えるようになったみたいですね。 -- 2016-02-04 (木) 22:33:17
    • スーパークルーズ中に放出される質量を持った物体・・・考えるだけで恐ろしいな! -- 2017-04-02 (日) 04:50:53
  • ヒートシンクの使用によってヒートレベルが0%になると、
    その機体は再び加熱されるまでの間、一時的に捕捉することができなくなります。 -- 2016-12-16 (金) 23:22:45
お名前:

URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White

テスト的に表示しています。