Top > Explorer(捜索)

Explorer(捜索)
HTML ConvertTime 0.032 sec.

Explorer(捜索) Edit

  • 今作のElite評価システム」で重視されるようになった、『探検家』というお仕事。天の川銀河内の未踏領域や未探査星系を調査するため、『専用のスキャナー』と『一ジャンプ距離の長い上位クラスFSD』、『Fuel Scoop』は必須装備であり、遠隔地まで到達して調査しまた戻ってくるだけの技量と判断力が求められる。
  • 誰でもなれるが、誰でも極められる訳ではなく、専業にするにはそれなりの備えと船を運用出来る中級者以上のCMDR向き。

資金調達タイプ Edit

いつでも可能

解説 Edit

リスク低い
報酬普通
クリアにかかる時間非常に長い
推奨される船Adder
Anaconda
Asp Explorer
Cobra Mk.III&IV
Diamondback Explorer
Hauler
Type-6 Transporter
推奨されるアップグレード箇所Auto Field-Maintenance Unit(モジュール補修用)
Detailed Surface Scanner(地表探査用)
Discovery Scanner(星系踏査用スキャナ)
FSD Upgrades
Fuel Scoop(可能ならFuel Tank増設)
Power Plant
  • 掲示板でミッションが出てくる物ではないため、船新規購入時装備の『Basic Discovery Scanner』さえ積んでいれば誰でも星系データ収集自体は可能。
  • 追加で『Detailed Surface Scanner』を搭載し、未探査領域の無い、より完全な星系データを取得すれば、売却時の報酬は高額になる。
    • 片道1000Lyを超える『本格的な銀河系踏査』を行うためには、「基本装備の強化」だけでなく、踏査用の「追加装備」を格納可能な内部区画を保有する艦船は必須。

星系データの基本的な収集法は、次の『攻略法』を参照してもらいたい。

攻略法 Edit

  • 時々、星系内に入ると星系データが『Unknown』状態の場合があり、スキャナーを自船に積んでいる場合、その状態の惑星や恒星を「target指定キー」で指定するとスキャンが開始されデータを得ることが出来る。
  • 探査した星系のデータは、ステーションサービスの『Universal Cartographics(銀河系地図作成)』にて売却可能になるので、集めたデータをまとめて売り払えば収入となる。

なお、データを売却するには、『探査した星系』から20Ly以上離れた星系ステーションまで行く必要があるので要注意。

豆知識 Edit

  • 探索データを持ったままプレイヤーが死亡すると、死亡前に所持していたデータは復活時には消失してる。
    (超遠方探索時の『ズル』防止のようだ)

コメント Edit

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照

  • 人類未踏の地が銀河にはたくさんあって、そこをスキャンして一番はじめに星図を売った人は、第一発見者の称号がもらえ、ステーションマップに記名される。この名誉目当てだけに探検に行くのもいいだろう。 -- 2015-04-20 (月) 23:53:09
    • 人類未踏星系では当然、ステーションやアウトポストでの『補修』も望めないため、活動恒星のコロナから燃料確保する「Fuel Scoop」だけでなく、回路修理用の「Auto Field-Maintenance Unit」を2基搭載するのが望ましい? -- 2015-07-28 (火) 06:11:15
      • 2.0から『Synthesis(合成)?』によって「艦への燃料補充」や「AFMの自力補充」が可能になりました。 -- 2015-12-26 (土) 06:43:19
  • 製図を金策とするのは、非常に時間がかかるため、オススメはできない。
    ただ、あまり考えなくていいので、のんびりやりたい人向き。 -- 2015-12-28 (月) 21:23:00
    • 少し補足すると、全く頭を使わないわけではなく、本格的に探索プレイをする場合は時として高校1年レベルの数学(三角関数)を使うこともある。また、天文知識があれば楽しみ方の幅が広がる(現実ではあり得ない部分が目に付いてしまうデメリットもあるが)。 -- 2016-08-28 (日) 07:19:42
  • 恒星のみならともかく、惑星、衛星までスキャンしてたらそれなりに時間かかる。が、時間かけた割に売却費が大したことない星系も多いので、本当にのんびりプレイしたい人向けだね。宇宙の風景も場所によって変わるみたいだしそれも楽しむ要素の一つかも。 -- 2016-02-05 (金) 10:35:51
    • 基本、のんびりプレイではあるものの、アップデートによってそれまで行けなかった場所に在る特定の天体の第一発見者になりたい場合は他の探索プレイヤーとの競争になる事もあるので、大急ぎで数千光年移動してスキャン作業を終わらせて再び数千光年飛んで帰る事もありますね。 -- 2016-08-28 (日) 07:25:07
  • 船を選ぶ際は上にもありますが、内部区画数も重要です。『探査スキャナ2種、Fuel Scoop。地表用にSRV。凸凹した大地に装甲傷つけずに降りるためシールド装備も推奨。モジュール修理用にAFM、サルベージ用にカーゴラック。』で、必要な内部区画は7つ!! ただし、MAIA方面でない限り、珍しいものなんてそうそう浮いていないのでカーゴラックは外してもいいかもしれません。 内部区画が足りない船は何かを削る必要があります。 -- 2016-11-28 (月) 13:44:35
    • カーゴラックを残す場合に削る候補としてはAFM。モジュールダメージを受ける行動をしない安全運転をすれば活躍の場はありません。 -- 2016-11-28 (月) 13:52:11
  • なお(船によって変わるシールドを除き)Fuel Scoop以外は、スロットのサイズは1~3あれば十分。スロット数とジャンプレンジがあれば、推奨船以外も探査船として大活躍できます。 -- 2016-11-28 (月) 13:47:10
    • 燃料タンクのことを忘れていました。多くの機体は増加のタンクを積む余裕はおそらくないので、基本の燃料タンクの量も重要です。FSDの消費量に対して燃料タンクの少ない機体は、けっこう心細くなると思います。 -- 2016-11-28 (月) 13:55:24
  • 「 A・B・F・G・K・M 」のスタークラスのみを航路に設定出来る様に設定して、元からある燃料タンクの容量を小さくしジャンプ距離を延長、Fuel Scoopで燃料を回収して飛ぶという方法もある。
    あまりタンクを小さくし過ぎるとジャンプ距離に影響が出る&恒星FSDブースト等が利用できなくなるので注意。
    未到達の星系を探す際にはあまりお勧めできないが、単純に長距離を移動したい際にはお勧め。 -- 2016-11-28 (月) 17:14:40
  • 燃料回収できる星を覚える際は 「Oh Be a Fine Girl Kiss Me!(おお、すてきな少女になってキスしてください!」。なお、本物の星の分類なので、これを機に調べると面白いです。 -- 2016-11-28 (月) 21:28:31
  • ちなみにユーティリティーには、ヒートシンク装備推奨です。好んで、核融合する水素の塊とかブラックホールとか中性子星とか、熱源に近づくんですから。「自分は事故らない」といっても、それを10000Ly続けられるかという問題があります。・・・近くに基地はないんです。 -- 2016-12-04 (日) 21:25:22
    • ユーティリティにヒートシンクは必須だわ。探索中に中性子星に突っ込んで1000万がパァになりかけた俺が言うんだから間違いない。 -- 2017-01-21 (土) 23:18:23
  • ブラックホールは近づいても熱くなんないか・・・ -- 2016-12-04 (日) 21:25:50
  • 大型船の良い所は高ランクのFuelScoopが積める所
    あまりに高速でASPeから乗り換えて一番感激したのはそこだった -- 2017-02-06 (月) 22:52:38
お名前:

URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White

テスト的に表示しています。