Top > 走行車両

【sWIKI】からのお知らせ
pccommentに画像を添付する機能を付けました。また、差分チェッカーの通報機能に時間制限を設けました。詳しくはTwitterを御覧下さい。
走行車両
HTML ConvertTime 0.042 sec.

現在、この要素はHorizonsβにおける「走行車両」についての皆様の「体験・先行情報まとめ等」の発言場として利用してください。
なお、ベータ終了後の拡張リリース後には正式にデザインを組み、要素内容のページを作成致しますが、円滑的に編集者の方がページを作成できるようにこちらに書き込まれたコメント内容を参考にさせて頂くかもしれません。予めご了承ください。


15/12/01 Elite:Dangerous Japan Wiki管理人

Surface Recon Vehicles(地表偵察車両)とは? Edit

※転載:Category:Surface Recon Vehicles - Elite Dangerous Wiki - Wikia
「シーズン2』となる新たな拡張「Elite Dangerous: Horizons」において、惑星や衛星地上での「機動力」として『Surface Recon Vehicles(SRV:地表偵察車両)』が存在します。
「惑星の重力」に応じて、SRVは違った挙動を見せるでしょう。

今後異なるクラスとサイズのSRVが実装される予定で、SRVと「それを保持する区画」双方のために『内部区画?』を犠牲にする必要が有ります。
最初のSRVとしてリリースされる『スカラベ?』は、「惑星車両格納庫」の助けを借りる事で『全ての艦で』使用可能となり、それを収容可能となります。

もしもCMDRが自身のSRV上で死亡した場合、(艦が着陸したままになってるかどうかに関係なく)自分の艦に戻されるか、あるいは自動的に離陸します。

『Wave Scanner(波長スキャナー)』とは何か? Edit

※宇宙空間でFSDの残留航跡を検出する『Frame Shift Wake Scanner』と混同しないように!

『Wave Scanner(波長スキャナー)』とは、SRVの固有装備で、長距離単一指向性(レーダーと比較して)の前方正対式検知器で、以下の「多様な動体」や「重要性の高い地点」を検出します:

  • Ships:(地表や上空に在る)他の艦
  • Skimmers/Defence Turrets:各種ドローン/防衛砲台
  • Data points:情報収集やハッキング用の端末etc.
  • Meteorites:隕石(素材収集用)
  • Cargo Canisters:貨物キャニスター

SRVがこれらの『注目点(POI)』に正対した時、Wave Scannerはそれらから受け取る「固有波長」信号を表示し、物体へSRVが接近していくと信号幅は狭く集束していきます。
信号は『音』に変換される事で、「SRVからPOIまでの距離や位置」を推測する事を容易にしています。


注:『Wave scanner』とは、SRV搭乗時に操縦席中央「レーダーディスク」の
一番上に表示される『円弧状の表示装置』の事。

SRV:Scarab(スカラベ) Edit

※転載:Scarab - Elite Dangerous Wiki - Wikia



特徴など Edit

  • Scarab(スカラベ)とは「表面偵察車両(Surface Recon Vehicle)」の1種、『Elite Dangerous: Horizons』拡張コンテンツにおいて、惑星や衛星地表上でCMDRが乗り回す事が出来る。
  • 名前通りの「虫」を模した車体構造が特徴的で、CMDRが乗る操縦席が『頭』、武装の付いた汎用コンテナ部分が『胴』、『脚』にあたるサスペンション兼用の折畳式ホイールユニットが3対(各ホイールには可動スラスター付き)、『翅』に当たる部分には可変式メインスラスターが支持アームの先に装着されている。
    • 攻防戦を賢く立ち回れるよう、車両にはシールド?と2連装型プラズマリピータ?タレットが装備。
  • 惑星車両格納庫』内の「車両ベイ」1両分を占有する。

SRV仕様書 Edit

※要修正

メーカー???
価格5,270 CR
最高速度33 m/s (最大:? m/s)
ブースト時速度? m/s (最大:? m/s)
操作性ランク?
シールド耐久値? MJ
車両耐久値?
車両質量(Hull Mass)4.0 T
カーゴ容量2 T(最大:? T)
燃料容量0.5 T
格納時車両サイズ小 (Small)
武器装備可能箇所1x Utility Mounts
1x Small Hardpoints
内部装備?x Size 1 Compartment
?x Size 2 Compartments
車両タイプLight Multipurpose(軽多目的車両)
乗組員人数1 人
寸法L:4.8m × W:4.0m × H:2.5m

購入場所 Edit

  • 通常は『車両格納庫(Vehicle Bay)』に積載された状態で購入するため、Planetary Vehicle Hangarの扱いが無いOutfitでは購入不可。
    • 戦闘や自爆によりSRVを失った場合は「車両単体での再購入」は出来ず、ステーションや前哨基地の『Restock docking service』で「車両搭載済みのVehicle Bay」へ積み替える。

SRVの装備(Outfitting) Edit

※元データ利用して仮置き、要修正

カテゴリーデフォルト装備デフォルトレートデフォルトクラス最大クラス
Small Hardpoint(小さめの武装)SRV Dual Repeater?(L)G11
Utility Mount(ユーティリティースロット)Data Link Scanner?I11
Bulkheads(装甲)Lightweight AlloysI18
Reactor Bay(電源)Power Plant(L)E22
Environment Control(車両環境システム)Life Support(L)E11
Power Coupling(パワー供給システム)Power Distributor(L)E11
Sensor Suite(センサー)Sensors(L)E11
Fuel Store(燃料系統)Fuel Tank [x0.5](L)C11
Internal Compartments(内部装備)Shield Generator(L)E22
Cargo Rack [x2](L)E22
  • (L) = Loaned
  • [x#] = 容量(T)

ゲーム内映像 Edit

コメント Edit

最新の20件を表示しています。 コメントページを参照 画像を非表示

  • 地上基地の無い未開惑星や衛星地表での活動に必要なSRVは、『内装モジュール(Internal Compartment)』に「専用の格納ハンガー」を購入し装着した際に付属してくる形になってる。
    スカラベは一人乗りで、船にフレンドが乗れるようになった際には、搭乗者分だけ格納ハンガーを装備しなければならない様だ…。 -- 2015-12-02 (水) 20:00:56
  • SRVの挙動が少し特殊で、「アシストオフ」の場合に後退する場合『前進→完全停止→後退開始』になる。「アシストオン」なら『前進←→後退』にタイムラグはない。 -- 2015-12-18 (金) 07:30:26
    • 資源探索中に「ジャンプスラスター」で軟着陸不可能な高さの崖から落ち掛けた際、『アシストオフ』だと完全停止出来ず体勢を立て直せず転げ落ちてしまう所も『アシストオン』なら何とか立て直すことが出来るだろう。 -- 2015-12-21 (月) 07:25:44
  • SRVはPlanetary Vehicle HangarのVehicle Bayで『機体後方』を向いた状態で格納されているため、上空から発見した「POI」付近へ着陸する際は、機体後方がPOIに向くように降りると、SRVに乗った時に真正面がPOI方向になって便利です。 -- 2016-01-10 (日) 06:22:08
  • 自分がとまどったのでコメントに。
    操作方法が全然違いますので、事前にオプションで設定しておくといいです。
    デフォルトQが減速(Sにあたる)Eが加速とかいう感じです。
    MASS BLOCKのところがSRV回収可能チェックになってます(点灯してれば船にもどれます)
    基本的な操作下部パネルでします(←がワープ先とかギャラクシーマップ、→がモジュールなので↓ですね、
    そこでSRV選ぶとSHIPに乗ってるなら降下コマンドがあります。
    惑星に降下するとそこのコマンドが、船の退避(どっかとんでいきます、退避後は呼び戻しになります)、SRVを船に戻す(上記のチェック点灯が必要)、SRV破棄(自爆して船に戻る)
    離陸の際は上昇ボタン長押しでロックが外れます(デフォルトR) -- 2017-04-27 (木) 02:16:25
  • 曲がろうとすると回転しちゃうし、加速減速がレースゲームみたいに機敏に出来ないので、物凄い酔う>< -- 2017-04-27 (木) 14:35:17
お名前:

  URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White

テスト的に表示しています。