Top > 勢力

勢力
HTML ConvertTime 0.012 sec.

このページではElite:Dangerousの世界に存在する3つの勢力の説明を書いていきます
(英語版Elite:Dangerous Wikiの文章を超意訳して書きます)

「現在、仮意訳しているので文章完成の後、再チェックします」

Alliance(同盟) Edit

AllianceはAD3230(ゲーム内の年号)にAlioth恒星にて結成され、ますます独裁宇宙における人権と民主主義としての地位を築きあげている。
なお、この勢力は「全体主義」の帝国、または「権威主義」に根ざした連邦の理念に準拠してはいない。

伝承 Edit

恒星系から独立したAllianceは、共に協力し合う必要性を感じ設立されたものである。
何世紀かに戦争や説明しきれない非常に多くの方法で、平和的な独立を果たしました。その後、何世紀にもわたって恒星系の両方の帝国と連邦に干渉し、所有地を取り合い、拠点として活動してきました

Empire(帝国) Edit

帝国は豊富で贅沢、華やかな栄光もあり、そして審美的に美しいのです。
帝国内の全ての人々は、船や、都市や、普段着まで印象的な物が様々あることでしょう。
帝国は、宇宙での仕事を行う要員を維持するため奴隷制を採用することを決定し、連盟より少ない技術に依存しています。
そしてクローン人間の提唱者でもあるが、管理地域内ではこの話題に関する他の派閥の争いを禁止しているようだ。

前史 Edit

AD2300 Marlin Duval(マーリンデュバル)は、平和の建築家と抗連盟の活動家だった。
彼女は社会を批判し、厳しい連邦政権に反対していた為、悪名高かった存在だった。
そしてある時、彼女はこの連邦での生活に幻滅し、家族らと多くのサポーターを共に連れ、連邦から去っていった。
マーリンは、より平和な道を辿って行くことを願いつつ、新しいコロニーを築きあげるため、SOL(太陽系)から遠くの光年にあるAchenarと呼ばれる遠い星系に移住した。


コロニーの運営開始は非常に良いスタートを迎え、管理評議会は、コロニー全体に電力を分配する事の協議を行うための組織の代表にマーリンを選び、協議会を結成した。
コロニーが拡大するにつれ、全ての議論や政策が協議会の平和的な方法での対話を通じて決定されるようになっていった。
その後、コロニーは更に繁栄していったが

協議会結成から数年後、マーリンデュバルや彼女のパートナー、子供たちを乗せた宇宙船が事故に合い、死亡した。
後に、その事故が「誰かに仕組まれた」「暗殺された」などの論争に発展し、コロニーの協議会内は非常に疑わしい雰囲気に包まれてしまった...

歴史 Edit

Federation(連邦) Edit

伝承 Edit


テスト的に表示しています。